Sample Image

「インプラントができないケース」

歯根がなく、ブリッジか部分入れ歯かという選択肢しかなかった人にとって、インプラント治療は夢の治療法と言われています。
しかし誰でも受けることができるわけではないと知っておいてください。

インプラント治療が受けられない人として第一にあげられるのが、18才以下や20才未満の人です。
基準は歯科医によって異なりますが、まだ成長段階にある人がインプラント治療ができない人になります。
あごの骨や神経などの成長が止まっていないと、その後の成長や発達に支障をきたしてしまいます。
反対にあまりにも高齢な方のインプラント治療も、あまりおすすめできません。

次にインプラント治療が受けられない人としてあげられるのが、あごの骨の量が少ない人です。
インプラント治療では、手術をしてあごの骨に医療用のドリルで穴を開けます。
あごの骨が少ないとこの手術ができないため、人工の歯根を埋め込むことができません。
しかしこのような人でも骨の移植を行うことによって、インプラント治療ができるようになる場合があります。
また頬の骨に人工歯根を打ち込む「ザイゴーマ」という治療法もありますが、この治療法を行っている歯科医はごくわずかです。

またタバコを吸っている人も、インプラント治療を受けることができない人に該当します。
タバコを吸っている人は血流が悪く、人工歯根の定着が難しいからです。
インプラント治療を受けるためには禁煙、あるいは歯科医が指示する程度までタバコの本数を減らすことが必要です。

糖尿病や歯周病にかかっている人も、インプラント治療を受けることが難しくなります。
歯周病にかかってしまうと、インプラント治療で埋め込んだ人工歯根が抜け落ちてしまいます。
また糖尿病を患っている人は免疫力が低下するため、歯周病になるリスクが高いと判断されます。
しかし血糖値のコントロールができている人は、この限りではありません。

噛み合わせが悪い人、歯軋りをするクセがある人も、インプラント治療に向いていません。
過度な力がかかってしまい、せっかくインプラント治療を行っても長持ちさせることができないからです。

また妊娠をされている方も、インプラントの治療は避けたほうが良いとされます。
安静が必要な時期に手術を行うことは、大変危険です。
こちらのサイトの、妊娠中や授乳中のインプラント手術についての解説も参考になりますので、ご覧ください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 インプラントってなに? All Rights Reserved.