Sample Image

「手術後のメンテナンス」

インプラント手術を受けたあとは、メンテナンスが欠かせません。
どんなメンテナンスが、何のために必要なのでしょうか?
実際に行わなければいけないメンテナンスについてご説明します。

インプラント治療を行ったあとは、しっかりとメンテナンスを行わなければなりません。
このメンテナンスを怠ると、引き起こされるのが歯周病です。
歯周病は日本人の80%もの人がかかっていると言われていますが、痛みなどがないことから自分では気がつきにくい病気です。
インプラントにした歯は虫歯にはならないものの、歯磨きを怠り、口の中を不潔な状態にしておくと歯周病になってしまいます。
歯周病を引き起こしてしまうと、せっかく治療したインプラントが、抜け落ちます。

このためインプラント治療後のメンテナンスとしてまず第一にあげられるのが、歯磨きです。
歯磨きは通常用いられる歯ブラシによるブラッシングが基本になります。
この歯磨きの際、強力な殺菌力をもつプロポリス入りの歯磨き粉というものがありますのでそちらを使用することをおすすめします。

さらに歯間ブラシやデンタルフロスなどを用いて、歯と歯の間にあいているすき間もしっかりと掃除することが必要です。
歯と歯の間のすき間は、食べ物のカスが詰まりやすい部分です。
ここの掃除も念入りに行うことは、口の中を清潔に保ち、歯周病を予防することにつながります。

また、http://xn--eck7bvd2a5dzct376aa6329blb3c.com/bone.htmlで紹介されているイソフラボンという成分が、歯周病や歯肉炎になりにくい丈夫な歯をサポートしてくれるそうです。
イソフラボンはhttp://xn--u9jwf1cqe9a3e7c5559a7jxb.com/life.htmlにもかいてあるように
普段の食事からも摂れますし、低価格なサプリメントタイプとしても販売されていますので是非一度お試しください。

定期的に歯科医の検診を受けることも、インプラント治療後に行うメンテナンスのひとつとして大切です。
定期健診では埋め込んだ歯根や接続部分であるアパッチメント、人工の歯の状態などがチェックされます。
特に埋め込んだ歯根とアパッチメント、アパッチメントと人工の歯がきちんと取り付けられているか、ゆがみなどがないかなどが詳しく調べられます。
また埋め込んだ歯根がずれていないかどうか、歯肉などを圧迫していないかどうか、痛みは発生していないかどうかなどの確認も入念に行われます。

また日常の歯磨きをきちんとできているかというチェックも、歯科医によって細かくチェックされます。
歯磨きが十分に行われいない場合には、正しい歯磨きのやり方の指導を受ける必要があります。
噛み合わせの状態、その他の異常の有無、手術を行ってからまだ間がない場合には手術の傷の治り具合なども定期検診の対象となります。
こちらのサイトにも、インプラント治療の流れが紹介されています。是非参考になさってみてください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 インプラントってなに? All Rights Reserved.