Sample Image

「インプラント手術って安全?」

インプラント治療は受けてみたたいけれど、事故は怖い。
インプラント手術ってどんな歯科医がやっても安全なのでしょうか?
心配せずに治療を受けることができる歯科医をご説明します。

インプラント治療は夢の治療法とも呼ばれるものですが、危険がまったくないというわけではありません。
あごの骨に埋め込むはずだった人口歯根が骨を突き抜けてしまったり、違うところや必要のない箇所まで傷つけられてしまうという報告も増えています。
このような事故は、検査不足や手術を行う歯科医の技術力不足によって引き起こされます。

このようなインプラント治療中の事故で最悪ともいうべき事故は、2007年5月に東京都中央区のクリニックで起こった死亡事故です。
手術中、誤って大動脈を傷つけられ大量の出血をした女性は、その後別の病院に搬送され手当を受けましたが、翌日に亡くなってしまいました。

インプラント治療を行う歯科医は、増え続けていると言われています。
このことは歯科医が増え過ぎ、し烈な生き残り競争が行われている現状につながっています。
歯科医が主に行う虫歯の治療は、通常、健康保険の適用範囲内で行われるものです。
実はこのような健康保険の適用範囲内で行われる治療は、歯科医にとってはあまり利益につながらない治療なのです。
健康保険の適用範囲内でできる治療行為は手間や時間がかかる割には高い収入を生み出すことができません。

インプラント治療はあごの骨に穴をあけたり歯茎を切開したりする、普通の歯科治療とは異なる技法が用いられます。
しかし特別な資格が必要なわけではなく、医療メーカーが主催する5時間程度の講習を受講するだけでインプラント治療が行えてしまうのが現状です。
安易にインプラント治療を行う医師がいることが、事故を引き起こす要因のひとつとなっています。

このような事故を引き起こすことを防ぐために、日本口腔インプラント学会は基準を満たしている歯科医をインプラント専門医として認定する制度を設けています。
インプラント専門医として認定されるためには、100時間にも及ぶ研修を修了し、試験に合格することが必要です。
認定されたインプラント専門医には認定書が交付されますが、有効期間は5年間であり、更新の際にも審査を受ける必要があります。
このおすすめサイトwww.skullz-group.orgにも、詳しい解説が記載されていますので、ご覧になってみてください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 インプラントってなに? All Rights Reserved.