Sample Image

「気になる費用はどれぐらい?」

ふだん虫歯などの治療を受けるときには、それほど高いと思わない治療費。
インプラント治療にはものすごくうお金がかかるのはなぜなのでしょう?
費用についてご説明します。

虫歯になったときなど、歯科医を受診するときには健康保険証を持参し、窓口に提出します。
健康保険は国民が平等に医療を受けられるようにと、国が行っている社会保障のひとつです。
会社員やその家族は協会けんぽ、公務員や公務員に準ずる職業の人とその家族は共済保険に加入しています。
船員には船員保険があり、その他の自営業者や農業従事者、その家族などは国民健康保険に加入しています。

これらの保険に加入していることを証明するのが、健康保険証です。
歯科医などの医療機関を受診するさいにこの健康保険証を提示することによって、私たちは自己負担金のみで医療を受けることができるようになっています。
自己負担金はかかる医療費の総額の1〜3割です。

しかし医療にはこの健康保険が使えない部分があります。
この部分は自由診療と呼ばれ、先進的な医療技術を受ける場合や、まだ承認されていない薬の投与を受ける場合がこれにあたります。
近視や遠視、乱視などを矯正する手術にレーシックがあります。
裸眼で生活できるようになるため、メガネやコンタクトレンズを使用するさいの煩わしさから解放されますが、これも自由診療です。
また歯の治療でも見た目に良い素材を使う場合など、一部の治療は自由診療になります。
自由診療は、かかる費用の全額を自分で支払う必要があります。

インプラントは健康保険が使えない自由診療であり、そのためかかる費用の全額が自己負担になります。
基本的にその医療行為を行う医師や医療機関が自由に価格設定を行うことができるのが、自由診療です。
そのため受診する歯科医によって、インプラント治療に必要となる金額も異なります。

1本のインプラント治療にかかる金額の相場は、35万円前後と言われています。
しかし価格の幅は25〜60万円と広く、実際にいくらかかるのかは歯科医を受診し、見積もりを出してもらうまでわかりません。
関西よりも関東のほうが若干高い傾向にあり、地域性も価格設定に関係しています。
高額な治療費がかかることもあり、ローンやカード払いも可能なクリニックが増えています。
カード払いにする際はhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i8859bub9d.com/limit.htmlのサイトをよく読んでください。

こちらのオススメサイトにも、インプラント治療にかかる費用についての解説ページがございます。とってもわかりやすいので是非ご覧になってみてください。

また、いま大人気のプロポリスhttp://bunche.org/nz.htmlは歯に良いそうです。是非チェックしてみてください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 インプラントってなに? All Rights Reserved.